コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背水の陣 ハイスイノジン

デジタル大辞泉の解説

背水(はいすい)の陣(じん)

《「史記」淮陰侯伝の、漢の名将韓信が趙(ちょう)の軍と戦ったときに、わざと川を背にしてをとり、味方に退却できないという決死覚悟をさせ、敵を破ったという故事から》一歩もひけないような絶体絶命の状況の中で、全力を尽くすことのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいすいのじん【背水の陣】

〔「史記淮陰侯伝」による。漢の韓信が、川を背に陣立てし、味方に必死の覚悟を固めさせて、趙ちようの軍勢を破った故事から〕
一歩もあとにはひけないせっぱ詰まった状況・立場。また、そういう状況に身を置いて、必死の覚悟で事にあたること。 「 -をしく」 「 -で事に臨む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

背水の陣の関連キーワードシェリング(Thomas C. Schelling)ルビコンエステート島原・天草一揆福田康夫内閣安倍首相退陣バルザック坪田譲治迎え撃つ陣立て軍勢敷く

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

背水の陣の関連情報