音無川(読み)オトナシガワ

デジタル大辞泉の解説

おとなし‐がわ〔‐がは〕【音無川】

和歌山県田辺市本宮(ほんぐう)町本宮の熊野本宮大社付近を流れ、熊野川に合流する川。この地一帯を音無の里と呼んだところからこの名がある。[歌枕
「名のみして岩波たかく聞こゆなり―の五月雨の頃」〈続拾遺・夏〉
東京都北区王子付近を流れる石神井(しゃくじい)川の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとなしがわ【音無川】

和歌山県田辺市本宮町本宮の熊野本宮前を流れ、熊野川に合流する川。付近を音無の里といった。⦅歌枕⦆ 「君こふと人しれねばやその国の-の音にだにもせぬ/古今六帖 3」 〔「音信がない」意をかけて詠まれた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おとなし‐がわ ‥がは【音無川】

[1] 歴史上の著名人物などが、祈願または強請によって、川の音を止めたという伝説。また、その伝承をもつ川。
[2]
[一] 和歌山県東部、熊野川上流部の支流名。熊野本宮大社の付近を音無の里と称したため呼ばれた。熊野大社参詣の最後のみそぎ場。歌枕。
[二] 東京都北区南部、石神井(しゃくじい)川の下流部の呼称。熊野本宮大社を勧請した王子権現の付近を流れるため、熊野川上流部の呼称をあてた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の音無川の言及

【根岸】より

…東京都台東区北部,JR山手線鶯谷(うぐいすだに)駅北東部一帯の地名。上野台の崖下の低湿な土地であったが,上野の山を背景とした音無(おとなし)川の清流や四季の田園風景を求めて,江戸時代後期,とくに文政・天保(1818‐44)ころには多くの文人が居を構え,〈呉竹の根岸の里〉とよばれた。またウグイスが多かったので〈初音の里〉の称もあった。…

※「音無川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android