コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音無川 オトナシガワ

2件 の用語解説(音無川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おとなし‐がわ〔‐がは〕【音無川】

和歌山県田辺市本宮(ほんぐう)町本宮の熊野本宮大社付近を流れ、熊野川に合流する川。この地一帯を音無の里と呼んだところからこの名がある。[歌枕]
「名のみして岩波たかく聞こゆなり―の五月雨の頃」〈続拾遺・夏〉
東京都北区王子付近を流れる石神井(しゃくじい)川の称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おとなしがわ【音無川】

和歌山県田辺市本宮町本宮の熊野本宮前を流れ、熊野川に合流する川。付近を音無の里といった。⦅歌枕⦆ 「君こふと人しれねばやその国の-の音にだにもせぬ/古今六帖 3」 〔「音信がない」意をかけて詠まれた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の音無川の言及

【根岸】より

…東京都台東区北部,JR山手線鶯谷(うぐいすだに)駅北東部一帯の地名。上野台の崖下の低湿な土地であったが,上野の山を背景とした音無(おとなし)川の清流や四季の田園風景を求めて,江戸時代後期,とくに文政・天保(1818‐44)ころには多くの文人が居を構え,〈呉竹の根岸の里〉とよばれた。またウグイスが多かったので〈初音の里〉の称もあった。…

※「音無川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

音無川の関連キーワード熊野三山本宮湯ノ峰温泉龍神温泉熊野本宮大社富士山本宮浅間大社本宮羊歯湯の峰温泉奥熊野古道ほんぐう本宮[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音無川の関連情報