音痴(読み)オンチ

デジタル大辞泉の解説

おん‐ち【音痴】

生理的欠陥によって正しい音の認識と発声のできないこと。
音程や調子が外れて歌を正確にうたえないこと。
あることに関して感覚が鈍いこと。また、その人。「方向音痴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

音痴【おんち】

大脳の先天的音楽機能不全の状態。狭義には,音高の弁別力の弱いものをいうが,リズム音という言葉が示すように,音楽のさまざまな局面,情況において,弁別力の弱いものをさす。声を出してう場合に音程が不確かなものには,もともと音の感覚が欠如している場合と,感覚はあっても再生の際に異常をきたす場合とがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんち【音痴】

大脳の先天的音楽機能不全の状態。聴覚,言語など,ほかの精神的・肉体的機能が健常で,特に音楽的能力だけが劣っている場合をいう。これに対して,かつて音楽能力があった者が疾病外傷など何らかの原因によってその能力を失った場合を〈失音楽症〉という。音痴の原因は,大脳右半球に推定される音楽中枢の発育障害による機能不全であるとされ,遺伝と環境の双方に起因するものとみられているが,医学的には未解決である。音痴は感覚性音痴運動性音痴に大別される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音痴
おんち

音楽が不得意であること、またそのような人に対して軽蔑(けいべつ)や謙遜(けんそん)の意味を込めていう俗語。大正初期の一高生による造語か。音の高さの弁別や表出が不正確であることをさすことが多いが、転じてリズム音痴、方向音痴などのように、他の音楽側面や音楽以外の感覚に対しても使われる。病理学的には感覚性音痴と運動性音痴が区別される。前者は音高、拍子、リズム、音量などを聞き分ける能力がない、または不完全なものをさし、後者はそのような感覚はあっても、いざ歌うとなると正しく表出できないものをさす。これらは大脳の先天的音楽機能不全であるとする説もあるが、環境の変化や訓練によって変わるし、しかも幼少時期にとくに変わりやすいので、むしろ後天的な要因のほうが大きいと思われる。とすれば、ある社会のなかで音痴といわれる人も別な社会に行けば音痴でないこともありうることになる。とくに軽症の場合は心因性のことが多いので、劣等感を取り除くべく練習を重ねれば文化に応じた音楽性が身につく。身体発育の段階によっては、声域異常や嗄声(させい)(しゃがれ声)などの音声障害のため音痴と誤解されることもあるが、楽器の操作は正しくできることもある。音楽能力が以前にはあったのに疾病により音痴となった場合のことを失音楽症という。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐ち【音痴】

〘名〙
① 生理的障害によって正しい音の認識と発声のできないこと。また、その人。転じて、一般に音楽のわからないことや歌などの下手なこと。また、その人。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉父子の情愛「谷口五郎の調子外れ、加藤高茂のドラ声、大下、富永の音痴(オンチ)
② (転じて) ある分野に関して、不得意だったり、感覚がにぶかったりすること。また、その人。
※才女の喪服(1961)〈戸板康二〉求婚「情熱を傾けている詩そのものについては、どうも音痴であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音痴の関連情報