須坂[市](読み)すざか

百科事典マイペディアの解説

須坂[市]【すざか】

長野県北部,長野盆地東部の市。1954年市制。中心市街は西隣の長野市と群馬県を結ぶ大笹街道沿いの谷口集落として発達,明治以後は製糸業で発展した。長野,中野の各市と長野電鉄で結ばれ,1993年上信越自動車道が開通した。工業団地住宅団地造成が進み,電気機器,金属,一般機器工業が発展している。周辺の山田・五色温泉菅平など上信越高原国立公園への観光基地をなす。農村部はリンゴの多産地として有名。149.67km2。5万2168人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すざか【須坂[市]】

長野県北東部にある市。1954年市制。人口5万3842(1995)。市街地千曲川の支流百々(どど)川の扇状地に位置する。江戸時代堀氏1万石の陣屋町であったが,明治以降製糸都市として発展し,県内では岡谷市に次いでいた。第2次大戦に入って製糸業は衰退したが,これに代わって1942年に疎開してきた富士通信機(現,富士通)を中心とする電子部品工業が発達した。このほか酪農用機械,果実加工などの地場産業も発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android