コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頴田 かいた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頴田
かいた

福岡県中部,飯塚市北東部の旧町域。嘉穂盆地の北部に位置する。 1959年町制施行。 2006年飯塚市,筑穂町,穂波町,庄内町と合体して飯塚市となる。明治中期に炭鉱が開かれてから急激に発展したが,昭和期に入って停滞し,1956~57年に約 10の炭鉱が相次いで閉山。以降は米作が主産業になっている。国指定史跡の鹿毛馬神籠石 (→神籠石 ) ,レクリエーションセンター,ゴルフ場などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頴田
かいた

福岡県中北部、嘉穂(かほ)郡にあった旧町名(頴田町(まち))。現在は飯塚(いいづか)市の北東部を占める。旧頴田町は1959年(昭和34)町制施行。2006年(平成18)飯塚市に合併。旧町域の東部は古第三紀層と花崗(かこう)岩からなる丘陵地で、西部は遠賀(おんが)川とその支流の庄内(しょうない)川の沖積低地が広がり、国道200号、201号が通じる。1886年(明治19)の明治炭鉱開鉱以来、炭鉱町として発展してきたが、筑豊(ちくほう)ではもっとも早く石炭不況の波を受け昭和40年代初め炭鉱はすべて閉山。炭鉱離職が進行し、1970年(昭和45)には人口減少率は最大となったが、その後、住宅団地が造成され、わずかずつ増加に転じている。南部の烏尾(からすお)峠付近には筑豊緑地やゴルフ場がある。鹿毛馬(かけのうま)の神籠石(こうごいし)は国の史跡に指定されている。[石黒正紀]
『『頴田町誌』(1959・頴田町) ▽『頴田町史』(1984・頴田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

頴田の関連キーワード飯塚市議会リコール問題飯塚(市)(いいづか)福岡県飯塚市教育特区遠賀川庄内町特区内野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頴田の関連情報