コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頴田 かいた

2件 の用語解説(頴田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頴田
かいた

福岡県中部,飯塚市北東部の旧町域。嘉穂盆地の北部に位置する。 1959年町制施行。 2006年飯塚市,筑穂町,穂波町,庄内町と合体して飯塚市となる。明治中期に炭鉱が開かれてから急激に発展したが,昭和期に入って停滞し,1956~57年に約 10の炭鉱が相次いで閉山。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

頴田
かいた

福岡県中北部、嘉穂(かほ)郡にあった旧町名(頴田町(まち))。現在は飯塚(いいづか)市の北東部を占める。旧頴田町は1959年(昭和34)町制施行。2006年(平成18)飯塚市に合併。旧町域の東部は古第三紀層と花崗(かこう)岩からなる丘陵地で、西部は遠賀(おんが)川とその支流の庄内(しょうない)川の沖積低地が広がり、国道200号、201号が通じる。1886年(明治19)の明治炭鉱開鉱以来、炭鉱町として発展してきたが、筑豊(ちくほう)ではもっとも早く石炭不況の波を受け昭和40年代初め炭鉱はすべて閉山。炭鉱離職が進行し、1970年(昭和45)には人口減少率は最大となったが、その後、住宅団地が造成され、わずかずつ増加に転じている。南部の烏尾(からすお)峠付近には筑豊緑地やゴルフ場がある。鹿毛馬(かけのうま)の神籠石(こうごいし)は国の史跡に指定されている。[石黒正紀]
『『頴田町誌』(1959・頴田町) ▽『頴田町史』(1984・頴田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頴田の関連キーワード福岡県飯塚市秋松福岡県飯塚市飯塚福岡県飯塚市柏の森福岡県飯塚市北古賀福岡県嘉穂郡桂川町福岡県飯塚市大分福岡県飯塚市綱分福岡県飯塚市椿福岡県飯塚市中福岡県飯塚市山口

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頴田の関連情報