コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼納 らいのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頼納
らいのう

「たのみおさめ」ともいう。江戸時代の耕地質入れの一種。質入主は通常の相場よりも多くの金銭を借り,質取主がその土地を耕作して全収穫を取得した。その耕地の年貢諸役は質入主が負担した。幕府は弊害があるとして,寛永 20 (1643) ,貞享4 (87) 年これを禁止した。 (→直小作 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

頼納の関連キーワード半頼納(はんたのみおさめ)半頼納(はんらいのう)頼納(たのみおさめ)頼納(らいのう)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android