顕示選好(読み)けんじせんこう(英語表記)revealed preference

世界大百科事典 第2版の解説

けんじせんこう【顕示選好 revealed preference】

消費者の消費支出行為のうち示される消費者の好みのことをいう。ここで消費者の好みというのは,ある内容の消費がどのような内容の消費よりも選好されるかについての消費者の好みを指す。この概念は,価格および所得変化が消費者の消費行為における選択をどのように変化させるかを説明する理論を,市場で観察される事実のみを基礎として組み立てようとする試みから生じた。消費者は,同じ予算の範囲内で選択しうるさまざまな消費内容のなかから,自分が最も好むものを実際に選択して消費支出行為のうちに顕示するという判断前提としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顕示選好
けんじせんこう
revealed preference

伝統的な消費者選択の理論においては、効用関数を前提にして需要曲線を導出する。しかしながら、効用関数は個人の主観的な満足度に基づいているため、直接観察したり計測したりすることは不可能である。これに対して、現実の市場で与えられる価格、数量などの客観的なデータを通して消費者の選択行為の合理性を設定し、それによって消費者行動の法則性を説明しようとするのがP・A・サミュエルソンによって創始された顕示選好の理論である。
 いま2財X、Yの価格が(P0X, P0Y)のときに消費者は(X0, Y0)の財の組合せを購入し、別の価格(P1X, P1Y)のときに別の財の組合せ(X1, Y1)を購入したものとしよう。このとき、
  P0XX0+P0YY0≧P1XX1+P1YY1 (1)
が成立したならば、
  P1XX1+P1YY1<P1XX0+P1YY0 (2)
がかならず成立しなければならない。これがサミュエルソンの「顕示選好の弱公理」である。もし(1)が成立したならば、財の組合せ(X0, Y0)と(X1, Y1)では前者のほうが高価である。このとき消費者は両方の組合せが購入できたにもかかわらず前者を選択したのであるから、(X0, Y0)が(X1, Y1)よりも効用水準が高いことを顕示revealしている。それにもかかわらず、価格が(P1X, P1Y)のとき(X1, Y1)を購入したことは、(X0, Y0)はコストが高くて購入できなかったことを、すなわち(2)が成立することを意味しなければならない。
 この「顕示選好の弱公理」を使用すれば、代替効果は負であること、需要関数は一次同次であることなど、消費者選択理論の多数の命題を導き出すことができる。[畑中康一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android