コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館柳湾 タチリュウワン

5件 の用語解説(館柳湾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たち‐りゅうわん〔‐リウワン〕【館柳湾】

[1762~1844]江戸後期の漢詩人。越後の人。名は機、字(あざな)は枢卿、柳湾は号。亀田鵬斎(ほうさい)に学ぶ。下級役人として飛騨高山などに赴任、退官後は江戸の目白台で詩作に専念。著作に「柳湾漁唱」「林園月令」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

館柳湾 たち-りゅうわん

1762-1844 江戸時代中期-後期の漢詩人。
宝暦12年3月11日生まれ。江戸で亀田鵬斎(ほうさい)にまなぶ。のち幕府勘定奉行配下の役人となり飛騨(ひだ)高山などに赴任。松崎慊堂(こうどう),大窪詩仏らとまじわった。天保(てんぽう)15年4月13日死去。83歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓は小山。名は機。字(あざな)は枢卿。通称は雄次郎。詩集に「柳湾漁唱」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

館柳湾

没年:弘化1.4.13(1844.5.29)
生年:宝暦12.3.11(1762.4.5)
江戸中・後期の漢詩人。名は機,字は枢卿,通称は雄次郎,号は柳湾,石香斎。新潟の廻船問屋小山安兵衛の次男。幼くして両親に死別,父方の館家に育てられて館氏を称した。初め新潟の高田仁庵に学び,のち江戸に出て亀田鵬斎に従学,江戸幕府勘定奉行配下の下役となった。飛騨郡代小出大助の元締手付として高山に赴任したほか,相模,出羽などの代官の元締手付を勤め,文政10(1827)年66歳で引退,以後は江戸目白台に住んで漢詩人として活躍する。中・晩唐風の温雅清純な抒情・叙景詩を得意とし,永井荷風が好んで愛誦した。詩集に『柳湾漁唱』,編著に漢詩歳時記『林園月令』がある。<参考文献>渡辺秀英『館柳湾』,鈴木瑞枝『館柳湾・人と詩』

(揖斐高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちりゅうわん【館柳湾】

1762‐1844(宝暦12‐弘化1)
江戸後期の漢詩人。名は機,字は枢卿,通称は雄二郎。新潟の人。商家に生まれたが,早くに江戸に出,天領支配の代官の小吏となった。飛驒郡代に従って1800(寛政12)年から04(文化1)年まで飛驒高山に住した以外は,短期間地方へ出張したことはあるが,江戸に住した。江戸に出た当初から亀田鵬斎について詩を学び,しだいに詩名を揚げ,身分をこえて林述斎,松崎慊堂,大窪詩仏など当代の名流と親交を結んだ。その詩は《柳湾漁唱》初集~三集に収められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たちりゅうわん【館柳湾】

1762~1844) 江戸後期の漢詩人。越後の人。名は機、字あざなは枢卿、柳湾は号。亀田鵬斎に師事し、幕府に仕えて飛驒高山に赴任した。退官後、江戸で詩文に専念。著「柳湾漁唱」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

館柳湾の関連キーワード曲芸ビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇市村羽左衛門女帝中島三甫右衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone