コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香寺[町] こうでら

2件 の用語解説(香寺[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

香寺[町]【こうでら】

兵庫県中南部,姫路市の北に接する神崎(かんざき)郡の旧町。播但(ばんたん)線が通じる。米作,ピーマンブロッコリーなどの栽培を行う。播磨臨海工業地帯の発展に伴い工業用地,住宅地開発が進み,弱電・食品工業などが行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうでら【香寺[町]】

兵庫県中南部,神崎郡の町。人口2万0221(1995)。市川の西岸,姫路市の北に位置し,市川沿いにJR播但線,国道312号線が通じる。中心集落は明治後期の播但線の開通により交通の要地として発展した香呂である。食料品,機械の工場があるほか,農業も行われるが,近年は米麦中心の農業から野菜などの都市近郊農業へ移行している。姫路市に隣接するため,南部の丘陵地などで大規模な住宅地開発が行われ,人口も増えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone