香椎(読み)かしい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香椎
かしい

福岡県北西部,福岡市部,東区中部の旧町域。1943年町制。1955年福岡市に編入。博多湾の北東部に臨み,仲哀天皇および神功皇后をまつる香椎宮所在地。宮の本殿は香椎造で国の重要文化財に指定。付近には香椎花園の景勝地がある。1960年頃から都市化が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香椎
かしい

福岡市東区の中心地区。旧香椎町。第三紀の丘陵地が広がり、かつては農村地域であったが、JR鹿児島本線、香椎線海の中道線)、西日本鉄道貝塚線や国道3号、福岡都市高速1号が通じ交通の要地として、近年では住宅、文教地区として都市化の進行が著しく、大型スーパーや福岡女子大学や九州産業大学が立地し、臨海部では埋立てが進行している。香椎造で有名な香椎宮(本殿は国の重要文化財)をはじめ遊園地「かしいかえんシルバニアガーデン」などの観光施設も多い。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐しい ‥しひ【香椎】

〘名〙 植物「しい(椎)」、またその実の異名
※謡曲・通小町(1384頃)「拾ふ木の実は なになにぞ〈略〉櫟(いちひ)香椎 真手葉椎(まてばしひ) 大小柑子 金柑」

かしい かしひ【香椎】

福岡市東区の地名。香椎宮がある。橿日。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香椎の関連情報