高橋道八(読み)タカハシドウハチ

大辞林 第三版の解説

たかはしどうはち【高橋道八】

〔京都清水焼陶工の代々の名。二代が最も名高い〕 (二代)(1783~1855) 初代重光の子。本名、光時。琳派の画風を取り入れた独特の華麗な意匠で茶碗・菓子鉢・置き物などを作る。粟田口の窯を伏見桃山に移したので、その焼き物は桃山焼ともいわれる。仁和寺伏見宮から「仁」の字を賜り、仁阿弥道八とも称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高橋道八の言及

【仁阿弥道八】より

…江戸後期の京焼陶工。京の粟田口焼の陶工初代高橋道八(1742‐1804)の次男で,名は光時といい,2代道八を襲名。松風亭,華中亭とも号したが,醍醐三宝院宮から阿弥号を,仁和寺宮から〈仁〉の字と法橋(ほつきよう)位を与えられ,1825年(文政8)以降,法橋仁阿弥を称した。…

※「高橋道八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android