コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋道八 タカハシドウハチ

大辞林 第三版の解説

たかはしどうはち【高橋道八】

〔京都清水焼陶工の代々の名。二代が最も名高い〕 (二代)(1783~1855) 初代重光の子。本名、光時。琳派の画風を取り入れた独特の華麗な意匠で茶碗・菓子鉢・置き物などを作る。粟田口の窯を伏見桃山に移したので、その焼き物は桃山焼ともいわれる。仁和寺伏見宮から「仁」の字を賜り、仁阿弥道八とも称した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋道八
たかはしどうはち

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高橋道八の言及

【仁阿弥道八】より

…江戸後期の京焼陶工。京の粟田口焼の陶工初代高橋道八(1742‐1804)の次男で,名は光時といい,2代道八を襲名。松風亭,華中亭とも号したが,醍醐三宝院宮から阿弥号を,仁和寺宮から〈仁〉の字と法橋(ほつきよう)位を与えられ,1825年(文政8)以降,法橋仁阿弥を称した。…

※「高橋道八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋道八の関連キーワード宝山文蔵(11代)紀太理兵衛(9代)松下三光(初代)清風与平(初代)高橋道八(2代)尾形周平(初代)四方竜文(6代)高橋道八(3代)塩野熊吉郎仁阿弥道八重久元阿弥角倉玄寧三浦竹泉伊東陶山清水寛造百武兼貞堤治兵衛粟田口菓子鉢高橋

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android