上調子(読み)うわぢょうし

  • うわちょうし
  • うわちょうし〔うはテウシ〕
  • うわぢょうし うはデウシ
  • うわぢょうし〔うはデウシ〕
  • うわっちょうし うはっテウシ
  • のぼりちょうし ‥テウシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) 高低合奏に用いる高音三味線またはその奏者,あるいはその調律のこと。基本になる旋律 (または本手) と合奏して,その装飾効果をねらうため,開放弦を本手より完全4度あるいは5度高く調律して調弦の種類を転じ,結果的に1オクターブ高い旋律の演奏が可能になるようにしたもの。その場合,三味線の棹に「かせ」という小片を結んでの振動部分を短くし,高音を出す工夫がなされている。特に豊後系浄瑠璃に多く使われている。新内節では「高音 (たかね) 」という。 (2) 三味線弾きの格づけ用語。豊後系浄瑠璃では,最高位から「三味線」「三弦」「調子」「上てうし」のに格づけされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
声がかん高くて、落ち着きがないように感じられること。また、そのさま。うわっちょうし。「上調子なしゃべり方」
落ち着きがなく慎重さに欠けること。うわべだけで中身のないこと。また、そのさま。うわっちょうし。「上調子な態度」
うわぢょうし
三味線を高低2音で合奏するとき、高音を奏する三味線。また、その奏者。三味線に(かせ)をかけて振動する弦の長さを短くし、低音のほう(本手(ほんて))より完全4度、または完全5度高く調律する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三味線音楽用語。2挺以上の三味線の合奏において,本手の三味線の調弦に対して,完全5度または4度高く調弦された三味線の調弦およびその奏者。本手の旋律と同じ旋律を1オクターブ高く奏する。江戸系の浄瑠璃,長唄で用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

三味線の調弦法。常磐津清元,新内などの江戸浄瑠璃では,その伴奏の三味線の旋律をいっそう美しくするため,別に調弦された高い音域を持つ別の三味線で合奏する。その方法は,たとえば本手の三味線の本調子に調弦された第2弦に,棹の途中に〈枷(かせ)〉を結んだ第2の三味線の第1弦を同じにして二上りに調弦する。これを上調子と呼ぶ(図)。新内節ではとくに高音(たかね)という。また長唄でも唄浄瑠璃に用いられ,さらに《吾妻八景》や《秋色種(あきのいろくさ)》など合の手の多いものでは必ず用いるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
言動が軽々しく、落ち着きのない・こと(さま)。うわっちょうし。 -な男
二丁以上の三味線の合奏(多くは斉奏)で、もっぱら他の三味線より高い音域の旋律を奏して合奏に彩りを添える三味線。常磐津ときわず・清元・新内・長唄などに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三味線音楽用語。高低合奏の場合の高音三味線の名称およびその調律名。棹(さお)に小さな器具(枷(かせ))を取り付け、原旋律(本手)の調弦より完全4度または完全5度高く調律される。原旋律と同じ旋律を1オクターブ高く奏するのが目的で、江戸浄瑠璃(じょうるり)(河東節(かとうぶし)・常磐津(ときわず)など)に多く用いる。新内節では高音(たかね)とよぶ。また常磐津・清元ではこの名称を演奏者の格づけに用い、下から順に、上てうし、三絃、三味線と称する。[渡辺尚子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 三味線の高低合奏の時、地の調子よりも完全四度、または完全五度高い音で合奏する三味線。また、その奏者。ふつう、三味線に枷(かせ)を使って振動する弦の長さを短くして演奏する。
② 三味線弾きの芸格で一番低いもの。地調子よりも格の低い演奏者が受け持つので、常磐津、清元、長唄などでは、これを格付けに用いる。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)大切「上るり太夫常磐津小文字太夫、ワキ常磐津兼太夫、〈略〉上調子岸沢三五郎」
③ (形動) 声がうわついて高いこと。また、そのさま。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)五「外の人の見しをもわすれて、上調子(ウハデウシ)のなげぶし、色まじりの小歌」
④ (形動) (現在は多く「うわちょうし」) 言語、動作などに落ち着きのないこと。うわべだけで、中身のないこと。また、そのさま。うわっちょうし。
※門(1910)〈夏目漱石〉二「不断の生活が急にそわそわした上調子(ウハテウシ)に見えて来る」
⑤ 株の相場が上昇に向かう気配があること。
〘名〙 (形動) 「うわぢょうし(上調子)」の変化した語。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「今度は推量節とか云ふ上調子(ウハッテウシ)な俗謡を始めた」
〘名〙
① からだや技術などの状態が、次第によい方に向かっていること。
② 相場に、次第に高くなる様子が現われていること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上調子の言及

【替手】より

…とくに箏に移されて,三味線の原曲と合奏されるものを替手式の箏の手という。同一楽器の本手と替手の合奏には,共調子のものと異調子のものとがあるが,長唄の場合,共調子の別旋律をとくに替手といい,異調子の場合は上調子(うわぢようし)となることが多い。替手には,曲の一部の替手と全曲の替手とがある。…

※「上調子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android