コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼無里 きなさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬼無里
きなさ

長野県北部,長野市北西部の旧村域。長野盆地西方,新潟県境にある。 1889年村制。 1955年日里村の一部を編入。 2005年長野市に編入される。犀川の支流裾花川の上流域にあり,周囲を山で囲まれる。集落は標高 700~1000mの高冷地にあり,1950年代までは林業とアサやソバの栽培に頼っていた。現在は米作や工芸作物の栽培がおもに行なわれる。裾花峡の上流の奥裾花には自然園があり,ミズバショウの群生がみられる。鬼女伝説がある。一部は妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼無里
きなさ

長野県北部上水内(かみみのち)郡にあった旧村名(鬼無里村(むら))。現在は、長野市北西端の一地区。2005年(平成17)、豊野(とよの)町、戸隠(とがくし)村、更級(さらしな)郡の大岡(おおおか)村とともに長野市に編入。名称の「鬼無里」は、平維茂(これもち)が鬼女を退治した「紅葉狩(もみじがり)」の伝説にちなみ、これ以前は水無瀬(みなせ)村とよばれていたという。長野市中心街に流下する犀(さい)川の支流裾花(すそばな)川の上流域で、周囲を山地で囲まれた山中の小平地を占める。また、標高750メートル前後の高地で、新潟県に接し、積雪地でもあるなど自然条件は厳しく、裾花川沿いに通じる国道406号による長野市へのバスが唯一の交通機関。かつては麻、近年は水稲とタバコを中心に栽培、森林の育成と保全を推進している。裾花川の源流近くには、ブナの原生林やミズバショウの群生地があり、紅葉もよい。この一帯は妙高戸隠連山国立公園に含まれ、奥裾花自然園やキャンプ場がある。南部にある白髯(しらひげ)神社の本殿は国の重要文化財に指定されている。[小林寛義]
『『鬼無里村史』(1967・鬼無里村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鬼無里の関連情報