裾花川(読み)すそばながわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「裾花川」の解説

裾花川
すそばながわ

長野県北部、戸隠山(とがくしやま)の西側に発し、長野市街南方で犀川(さいがわ)に合流する川。裾花ダムなど本流に三つのダムをもつ。延長42キロメートル。上流部はブナ原生林に覆われ奥裾花峡の峡谷をつくり、中流域では小盆地を形成し長野市の鬼無里(きなさ)地区を流れる。ここで流路を東に変えるが、峡谷が続く。長野盆地に出て南流に転じ合流点に至る。川に沿って国道406号が長野市から白馬(はくば)村へ走る。イワナ、ヤマメ、ニジマスなどの釣り場があり人気が高い。

[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「裾花川」の解説

すそばな‐がわ〔‐がは〕【裾花川】

長野県北東部を流れる川。新潟との県境にある高妻山付近に源を発し、長野市市街地南方で犀(さい)川に合流する。長さ50キロ。流域はほとんどが深い峡谷をつくる。上流域はブナの原生林におおわれた奥裾花渓谷となり、ミズバショウ群落も見られる。中流に裾花渓谷、下流に裾花ダムがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「裾花川」の解説

裾花川
すそばながわ

長野県北部を流れる川。長野市街地の南で川に合流する。全長約 43km。戸隠連峰の西斜面に発し,その西麓南麓を深い峡谷をなして流下する。上流部の奥裾花峡と中流部の裾花峡はともに峡谷美で知られる。奥裾花峡一帯はブナの原生林で,一部にミズバショウの群落があって5月下旬は行楽客が多い。中流には多目的の県営ダムがある。源流部は妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android