コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裾花川 すそばながわ

3件 の用語解説(裾花川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裾花川
すそばながわ

長野県北部を流れる川。長野市街地の南で犀川に合流する。全長約 43km。戸隠連峰の西斜面に発し,その西麓と南麓を深い峡谷をなして流下する。上流部の奥裾花峡と中流部の裾花峡はともに峡谷美で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すそばな‐がわ〔‐がは〕【裾花川】

長野県北東部を流れる川。新潟との県境にある高妻山付近に源を発し、長野市市街地南方で犀(さい)川に合流する。長さ50キロ。流域はほとんどが深い峡谷をつくる。上流域はブナの原生林におおわれた奥裾花渓谷となり、ミズバショウの群落も見られる。中流に裾花渓谷、下流に裾花ダムがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裾花川
すそばながわ

長野県北部、戸隠山(とがくしやま)の西側に発し、長野市街南方で犀(さい)川に合流する川。裾花ダムなど本流に三つのダムをもつ。延長42キロメートル。上流部はブナの原生林に覆われ奥裾花峡の峡谷をつくり、中流域では小盆地を形成し長野市の鬼無里(きなさ)地区を流れる。ここで流路を東に変えるが、峡谷が続く。長野盆地に出て南流に転じ合流点に至る。川に沿って国道406号が長野市から白馬(はくば)村へ走る。イワナ、ヤマメ、ニジマスなどの釣り場があり人気が高い。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裾花川の関連キーワード阿賀川足羽川板取川烏川関川茶臼山日野川渋海川津具〈村〉西城川

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裾花川の関連情報