コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚価 ぎょか

1件 の用語解説(魚価の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょか【魚価】

魚価は,魚の価格を指すことはもちろんであるが,一般に,鯨,海藻,貝類等を含めた水産物の価格をいう。魚価は流通段階によって,産地卸売価格,消費地卸売価格,仲卸価格,小売価格などに分けられる。水産物は産地から消費地の小売店に来るまでの間にさまざまな経費がかかり,魚価はこれらの経費を背景にして成り立っている。小売店で販売されるまでの経費を列挙すると次のようなものがあげられる。(1)漁船の燃料油代や人件費など漁業での経費,(2)産地卸売での手数料,(3)運賃や荷造包装などの出荷マージン,(4)消費地卸売での手数料,(5)仲卸のマージン,(6)調理・パックの材料費や人件費などの小売マージン,などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魚価の関連キーワード仕切り値価値志向型価格設定差別型価格設定単価生産者価格二重価格もち掛目ベスト価格ゾーン公募価格

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魚価の関連情報