コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯉濃 コイコク

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

こいこく【鯉濃】

(こい)を筒切りにし、みそ汁に入れて長時間煮込んだ濃厚な汁物。吸い口には粉ざんしょうを用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こいこく【鯉濃】

〔鯉の濃漿こくしようの意〕
鯉を筒切りにして、濃いめの味噌汁で煮込んだ料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鯉濃の言及

【コイ(鯉)】より

…洗いは洗い鯉と呼ばれ,江戸では向島の葛西太郎,大黒屋孫四郎などの料理茶屋が有名であった。濃漿は今の鯉濃で,筒切りにした鯉をみそ汁で煮込むものである。子付(こつけ)なますも古くからの料理で,鯉の刺身にその卵をほぐしてまぶしつけ,酢を加えた煎酒やワサビ酢であえた。…

※「鯉濃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鯉濃の関連キーワードコイ(魚)川魚料理鯉こく

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android