納豆汁(読み)ナットウジル

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納豆汁
なっとうじる

山形県の郷土料理。海に遠い県下内陸地方では、昔からダイズをタンパク質源として活用しているが、納豆汁はその代表的なものである。とくに旧正月7日には、各家庭でこの納豆汁をつくる。材料は、すり鉢ですりつぶした納豆と、1センチメートル角に切ったこんにゃくと豆腐、油抜きした油揚げ、水でもどしたずいきも1センチメートル角に切り、セリは3センチメートル、ネギは1センチメートルの長さに切って用意する。鍋(なべ)にだし汁を入れ、こんにゃく、ずいき、しょうゆを入れて煮立て、つぶした納豆を加え、豆腐、ネギ、セリの順に加えて、熱いうちに七味唐辛子を散らして食べる。

[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なっとう‐じる【納豆汁】

〘名〙 納豆をすりつぶして味噌を加え、だし汁でのばして豆腐やネギなどを実にした味噌汁。なっとじる。《季・冬》
※師郷記‐永享一二年(1440)自二月一日至三月九日紙背(某書状)「納豆汁まいらせられ候」

なっと‐じる【納豆汁】

〘名〙 =なっとうじる(納豆汁)《季・冬》
※俳諧・東日記(1681)坤「尽て又のね覚や納豆汁〈其角〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の納豆汁の言及

【納豆】より

… 糸引納豆はタンパク質やビタミンB2に富み,消化吸収のよいすぐれた食品である。刻みネギを加え,からしじょうゆで味をととのえて飯にかけて食べ,あるいは,すりつぶしたものをみそ汁でのばして納豆汁にする。納豆あえは,刻んだ納豆をからしじょうゆで調味し,それでヒラメ,サヨリなどをあえる。…

※「納豆汁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報