巻繊汁(読み)ケンチンジル

デジタル大辞泉の解説

けんちん‐じる【繊汁】

つぶした豆腐とせん切りにした野菜を油で炒め、澄まし汁仕立てにしたもの。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

けんちんじる【巻繊汁】

くずした豆腐とせん切りまたは短冊切りにした大根・にんじん・ごぼうなどを炒めてだし汁を加え、しょうゆなどで調味したすまし汁。◇普茶(ふちゃ)料理巻繊(けんちん)に由来するとも、鎌倉の建長(けんちょう)寺で作られ、「建長汁」が変化したともいわれる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

けんちんじる【巻繊汁】

くずした豆腐と千切りにした野菜を油でいためて実としたすまし汁。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けんちん‐じる【巻繊汁】

〘名〙 けんちんの材料で作った、実だくさんのしょうゆ仕立ての汁もの。けんちゃんじる。《・冬》
※北の河(1965)〈高井有一〉「外、冷たいでせう。巻繊(ケンチンジル)こさへてあげるわ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android