コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ジュウ

3件 の用語解説(汁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅう【汁】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジュウ(ジフ)(慣) [訓]しる
〈ジュウ〉しる。「液汁果汁胆汁肉汁乳汁墨汁一汁一菜
〈しる(じる)〉「汁粉(しるこ)汁物煮汁鼻汁味噌汁(みそしる)
[難読]灰汁(あく)豆汁(ご)苦汁(にがり)

しる【汁】

物からしみ出させ、または絞りとった液体。「レモンの
だし・調味料などで味をつけた料理用の液。
すまし汁・味噌汁などの汁物。つゆ。
自分が独り占めしたり、他人の努力や犠牲のおかげで受けたりする利益。「うまいを吸う」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しる【汁】

物の内部にある液体。物からしみ出た液、または、しぼり取った液にもいう。 「リンゴの-」
吸い物・味噌汁など、調理した汁物。つゆ。 「 -の実」
料理のもととなる液状のもの。出し汁。
(「うまい汁を吸う」の形で)他人の力で得た利益・もうけ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【汁物】より

…日本における汁料理の総称。大別してみそ仕立てとすまし仕立てがあった。…

【闇汁】より

…灯火を消した暗やみの中で,めいめいが持ちよった一品ずつの材料を大なべに煮立てた汁の中に投じ,ころあいをはかって暗中模索してすくい上げて食べるという飲食遊戯。明治・大正期の書生たちが盛んに行ったもので,正岡子規も俳誌《ホトトギス》の発行所などでしばしばこの催しを楽しんでいる。…

※「汁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

汁の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汁の関連情報