水団(読み)すいとん

世界大百科事典 第2版の解説

小麦粉のだんごを入れた汁。小麦粉をやわらかめにこねて適当にちぎり,みそ汁やすまし汁で煮る。野菜その他ありあわせの材料を加えて増量することができ,かつ,調理が簡単なため,1923年の関東大震災時や第2次大戦直後の食糧難時代には主食副食兼用の食事として盛んに行われた。団,水飩,炊などと書き,水団の語がまず南北朝あたりから見られるようになる。《異制庭訓往来》以下の往来物点心(てんしん)の品目を列挙する個所に登場してくるのだが,それがどんなものだったのかは,《日葡辞書》がSuitonを〈ある種の料理〉としているように,よくわからない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「とん」は「団」の唐宋音) 小麦粉などを水でこねて、適当にちぎり、野菜などと共に、味噌汁や醤油味の汁に入れて煮たもの。水飩②。
※参天台五台山記(1072‐73)二「有水団炙夫二種菓
※元和本下学集(1617)「水団(スイトン)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水団の言及

【金団】より

…ただ一,二の故実書に,不用意に食べると中から砂糖がとびだして顔へかかるから注意すべきだとか,手でつまんで食べるものだとか,書かれている。伊勢貞丈はこのきんとんを,アワのだんごの中に砂糖を入れたもので,色が黄なので〈金団〉といい,夏には氷水にひたして食べることもあるので〈すいとん〉とも呼ぶと記しているが,これは中国宋代に行われていた水団とまったく同じものであった。この砂糖入りだんごのきんとんは,江戸中期からはもち米の粉でつくってでき上りにきな粉をまぶし,あるいは粉をクチナシで黄に染めてつくったりしたが,やがて砂糖のかわりにアズキあんを包んだだんごにし,その上にまたあんをまぶす形式のものになり,さらに変化して現在の菓子のきんとんになった。…

※「水団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水団の関連情報