鳥羽・伏見の戦(読み)とばふしみのたたかい

百科事典マイペディアの解説

戊辰(ぼしん)戦争の発端となった戦い。小御所会議で辞官,領地返納を命じられた徳川慶喜は,これに応ぜず大坂城に移り主導権回復を画策,新政府内部でも公議政体派が勢力を強めていた。これに危機を感じた西郷隆盛らは江戸で挑発活動を繰り返した。これに乗った幕府側は江戸薩摩藩邸を焼打ち,挙兵入京を決めた。鳥羽伏見街道を北上する旧幕兵,会津・桑名両藩兵1万5000は1868年1月27日(慶応4年1月3日),薩長を主力とする朝廷の討伐軍4000余と鳥羽と伏見で戦闘。その日のうちに旧幕軍は敗退し,この結果新政府内での討幕派の主導権が確立。→会津藩桑名藩
→関連項目会津戦争ウィリス勝海舟近藤勇新撰組熾仁親王鳥羽白虎隊松平容保淀藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android