コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小御所会議 こごしょかいぎ

6件 の用語解説(小御所会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小御所会議
こごしょかいぎ

幕末,王政復古の直後,徳川氏処分問題をめぐって京都御所内の小御所で行われた会議をいう。王政復古のクーデターは薩摩藩を主軸とする討幕派の主導権によって行われたが,これにやむをえず加わった土佐,越前,尾張など諸藩は,徳川氏をも国政に加えた連合政権の樹立を意図していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こごしょ‐かいぎ〔‐クワイギ〕【小御所会議】

慶応3年12月9日(1868年1月3日)京都御所内の小御所開かれた御前会議大政奉還後の徳川氏処分を討議し、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)に辞官納地を命ずることを決定した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小御所会議【こごしょかいぎ】

大政奉還をうけて王政復古宣言が出された1867年(慶応3年)12月9日の夜,総裁・議定・参与の三職によって京都御所内小御所で開かれた御前会議大政奉還で機先を制せられた岩倉具視大久保利通ら武力討幕派が徳川家の処分をめぐって山内豊信松平慶永公議政体論者をおさえて徳川慶喜の官位辞退,所領返納を決定した。
→関連項目倒幕運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こごしょかいぎ【小御所会議】

1867年(慶応3)12月9日,王政復古が断行された夜,京都御所内の小御所で開催された御前会議。総裁・議定・参与と,王政復古に参加した諸藩の代表が,徳川家の処分をめぐって激論を展開した。列侯会議を開いて,それを新政府の柱としようとする,前土佐藩主山内豊信,前福井藩主松平慶永らの公議政体派は,当時二条城にいた内大臣徳川慶喜を朝議に参加させるべきだとし,幼少の天皇を擁した討幕派の専断をはげしく非難。他方,岩倉具視大久保利通ら討幕派は,慶喜の内大臣職辞退,徳川家領地の返上を主張,いれられなければ断固として追討すべきだと応酬した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こごしょかいぎ【小御所会議】

1868年1月12日(慶応3年12月9日)、王政復古の大号令の発せられた夜、京都御所内小御所で開催された御前会議。討幕派が公議政体論を抑え、徳川氏の辞官納地が決定された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小御所会議
こごしょかいぎ

1867年(慶応3)12月9日、京都御所の小御所で開かれた御前会議。大政奉還後の徳川氏処分をめぐってのもので、王政復古政府最初の三職会議でもある。王政復古大号令が下るとともに、摂政(せっしょう)、関白(かんぱく)ほか旧来の朝廷諸官職が廃止され、総裁、議定(ぎじょう)、参与の三職が設けられ、続いて徳川氏処分の会議が天皇臨席のもとに小御所で開かれた。会議には総裁有栖川宮(ありすがわのみや)、参与岩倉具視(ともみ)はじめ、徳川慶勝(よしかつ)(尾張(おわり))、松平慶永(よしなが)(越前(えちぜん))、浅野長勲(ながこと)(安芸(あき))、山内豊信(やまうちとよしげ)(土佐)、島津忠義(ただよし)(薩摩(さつま))の諸侯ほか、王政復古クーデターを陰で準備した大久保利通(としみち)、後藤象二郎(しょうじろう)らの諸藩士も陪席した。山内豊信、松平慶永ら公議政体派は、徳川慶喜(よしのぶ)の処分に反対したが、岩倉具視、大久保利通ら討幕派の主張と、西郷隆盛(たかもり)の裏工作に押し切られ、徳川氏に辞官と領地の返上を命ずることを決定。この後、幕府や公議政体派の巻き返しがあり、戊辰(ぼしん)戦争となった。[佐々木克]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone