コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽屋里長(3世) とばやりちょうさんせい

1件 の用語解説(鳥羽屋里長(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥羽屋里長(3世)
とばやりちょうさんせい

常磐津節富本節清元節三味線方常磐津節三味線方岸沢八五郎の門弟。初名古市。文政9 (1826) 年2世八五郎襲名。天保 10 (39) 年,師とともに佐々木に改姓。同 14年清元に転じ清元八五郎となり,弘化3 (46) 年不和のため富本に転じ,里長の名を復活して3世となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鳥羽屋里長(3世)の言及

【六玉川】より

…箏曲の組歌は宝暦(1751‐64)ころ三橋(みつはし)検校の作曲。富本は本名題を《草枕露の玉歌和(たまがわ)》,1846年(弘化3)3世鳥羽屋里長(とばやりちよう)の作品が現在も残る。清元は富本からの移曲。…

※「鳥羽屋里長(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥羽屋里長(3世)の関連キーワード富本節豊後節常磐津佐々木市四郎常磐津文字兵衛(初代)鳥羽屋里長(初代)名見崎徳治(初代)三保崎兵助岸沢式佐鳥羽屋里長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone