コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄島 よりしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄島
よりしま

岡山県南西部,浅口市南部の旧町域。水島灘に臨む。 1901年町制施行。 1955年大島村の一部を編入。 2006年金光町,鴨方町と合体して浅口市となった。江戸時代には岡山藩の支藩鴨方藩の外港として発展した。小型底引網漁を中心とする漁業が盛んであり,麦わら帽やストローの生産量は全国有数。沖の寄島は近世瀬戸内海航路の目標とされた景勝の地であるが,島と本土をつなぐ干拓事業が完成し,外材貯木場が設けられた。一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄島
よりしま

岡山県南西部、浅口(あさくち)郡にあった旧町名(寄島町(ちょう))。現在は浅口市の南部を占める地域。瀬戸内海の水島灘(なだ)に臨む。北側に竜王(りゅうおう)山があり、海岸部に狭い平地がある。旧寄島町は、1901年(明治34)町制施行。2006年(平成18)金光(こんこう)、鴨方(かもがた)2町と合併して市制施行、浅口市となった。旧町名は、海上に浮かぶ三郎(さぶろう)島の旧名寄島に由来。中心集落の早崎は1839年(天保10)に干拓された地で、幕末から明治初期にかけて商港として回船問屋などが軒を連ねたが、鉄道開通以後は衰微した。1962年(昭和37)に着工され、1998年に工事が完了した寄島干拓で、三郎島との間の海面が埋め立てられた。農業はミカン、花卉(かき)などの市場園芸を主とする。漁業は小型底引網、小型定置網、カキなどの養殖が行われている。地場産業に麦稈(ばっかん)帽、割箸(わりばし)、ストローの製造がある。三郎島には寄島園地がある。[由比浜省吾]
『『寄島町誌』(1967・寄島町) ▽『寄島町誌 第2集』(1991・寄島町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寄島の関連キーワード男女群島と鳥島岡山県浅口市鴨方[町]小笠原諸島寄島[町]浅口[市]浅口(市)嘉美心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄島の関連情報