コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯亭金升 おうてい きんしょう

美術人名辞典の解説

鶯亭金升

戯作者・新聞記者。下総生。本名は長井総太郎。梅亭金鵝の門人となり、「団団珍聞」の編集にあたる。「万朝報」「都新聞」などに戯作、落語をかいたほか、長唄・常盤津などの作詞をした。昭和29年(1954)歿、88才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶯亭金升 おうてい-きんしょう

1868-1954 明治-大正時代の新聞記者,戯作(げさく)者。
慶応4年3月16日生まれ。梅亭金鵝(きんが)の門人となり,「団団珍聞(まるまるちんぶん)」の編集にあたる。「万(よろず)朝報」「都新聞」などに戯作,落語をかいたほか,長唄,常磐津(ときわず)などの作詞をした。「鶯亭金升日記」がある。昭和29年10月31日死去。86歳。下総(しもうさ)千葉郡出身。本名は長井総太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯亭金升
おうていきんしょう
(1868―1954)

戯作(げさく)者、新聞記者。本名長井総太郎。旗本の家に生まれる。戯作者梅亭金鵞(ばいていきんが)の門下。雑誌『団団珍聞(まるまるちんぶん)』や改進、読売、都、毎日などの各新聞社に関係した。戯作『返咲(かえりざき)園の花』や落語の作もあり、俗曲、都々逸(どどいつ)、狂歌、狂句、雑俳に関する著書もある。2世市川左団次や小山内薫(おさないかおる)も彼に師事した。明治の文壇や芸能界の事情に精通しており、没後に刊行された『鶯亭金升日記』は資料的価値が高い。[興津 要]
『花柳寿太郎・小島二朔編『鶯亭金升日記』(1961・演劇出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶯亭金升の関連キーワード市川 左団次(2代目)大石 誠之助喜多村緑郎鶯亭 金升4月8日大正時代戯作者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android