コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷽替え ウソカエ

3件 の用語解説(鷽替えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うそ‐かえ〔‐かへ〕【×鷽替え】

をかたどった木製の鳥を、参詣人が交換し合ったり、神官が参詣人の古い鷽を別のものに引き替えたりする行事。前年の不幸を嘘(うそ)にし、吉運に替える意という。太宰府天満宮での正月7日夕の酉(とり)の刻の神事、東京の亀戸天神社での正月25日に行われるものなどが有名。 新年》「―に楠(くす)の夜空は雪こぼす/朱鳥」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うそかえ【鷽替え】

太宰府天満宮で1月7日に行われる神事。夜,明りを消した境内で参詣者どうしが木製の鷽を交換し合うもので,中に神社から出される金の鷽が混じっていて,替え当てた人は幸運を得るとされている(イラスト)。年間の不幸を鷽と共に神社に納めようとするものであるが,本来は神前の供え物奪い合う年占の一種ではなかったかという。京都北野神社,大阪の天満宮,東京亀戸天神などにも類似の行事があり,1月25日に行う所もある。【田中 宣一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷽替え
うそかえ

福岡県太宰府(だざいふ)市の太宰府天満宮で1月7日に行われる行事。参詣(さんけい)者が、夕方、互いに木製の鷽(ウソはアトリ科の小鳥)を持って集まり、「かえましょかえましょ、金のうそとかえましょ」と鷽を交換しあう。神社から出された金の鷽を替え当てた人は神社から神酒(みき)をふるまわれ吉兆を得たことになる。鷽は火伏せのまじないとして家に持ち帰り神棚にあげる。鷽は嘘(うそ)に通じ、神事で1年間の不幸もすべて嘘となり、吉事に変わるといわれる。おそらく昔は玉取りなどと同じように奪い取った年占(としうら)の一種であったろう。
 この行事は、太宰府天満宮、大阪・道明寺天満宮(土師(はじ)神社)、東京・亀戸(かめいど)天神社、または福岡・住吉神社などで、鷽以外のものを交えて行われているが、ほとんど「鷽替え」を行わず、鷽だけを配布しているところが多い。大分県・宇佐神宮には鳩(はと)替神事がある。他の神社で交換されたものに亀(かめ)、玉、剣、花、達磨(だるま)などがあり、流行とともに新しく創案されたりもした。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鷽替えの言及

【噓】より

…うそは現実に存在しないものに対応し,それに形を与えるものといえ,年の替り目に当たって新旧二つの時間を媒介し,新しい時間をこの世にもたらすものと考えられる。このことは,正月に天満宮で行われる〈鷽(うそ)替え〉にもあてはまる。鷽を交換することで1年間の不幸をうそとして払ってしまうともいい,それによって新しい年や幸運を迎えるのである。…

※「鷽替え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鷽替えの関連キーワード鈴木高鞆太宰府天満宮天満宮染川太宰府天満祭御手洗祭思い川亀戸天神社芋茎祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷽替えの関連情報