コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷽替え ウソカエ

3件 の用語解説(鷽替えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うそ‐かえ〔‐かへ〕【×鷽替え】

をかたどった木製の鳥を、参詣人が交換し合ったり、神官が参詣人の古い鷽を別のものに引き替えたりする行事。前年の不幸を嘘(うそ)にし、吉運に替える意という。太宰府天満宮での正月7日夕の酉(とり)の刻の神事、東京の亀戸天神社での正月25日に行われるものなどが有名。 新年》「―に楠(くす)の夜空は雪こぼす/朱鳥」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うそかえ【鷽替え】

太宰府天満宮で1月7日に行われる神事。夜,明りを消した境内で参詣者どうしが木製の鷽を交換し合うもので,中に神社から出される金の鷽が混じっていて,替え当てた人は幸運を得るとされている(イラスト)。年間の不幸を鷽と共に神社に納めようとするものであるが,本来は神前の供え物奪い合う年占の一種ではなかったかという。京都北野神社,大阪の天満宮,東京亀戸天神などにも類似の行事があり,1月25日に行う所もある。【田中 宣一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷽替え
うそかえ

福岡県太宰府(だざいふ)市の太宰府天満宮で1月7日に行われる行事。参詣(さんけい)者が、夕方、互いに木製の鷽(ウソはアトリ科の小鳥)を持って集まり、「かえましょかえましょ、金のうそとかえましょ」と鷽を交換しあう。神社から出された金の鷽を替え当てた人は神社から神酒(みき)をふるまわれ吉兆を得たことになる。鷽は火伏せのまじないとして家に持ち帰り神棚にあげる。鷽は嘘(うそ)に通じ、神事で1年間の不幸もすべて嘘となり、吉事に変わるといわれる。おそらく昔は玉取りなどと同じように奪い取った年占(としうら)の一種であったろう。
 この行事は、太宰府天満宮、大阪・道明寺天満宮(土師(はじ)神社)、東京・亀戸(かめいど)天神社、または福岡・住吉神社などで、鷽以外のものを交えて行われているが、ほとんど「鷽替え」を行わず、鷽だけを配布しているところが多い。大分県・宇佐神宮には鳩(はと)替神事がある。他の神社で交換されたものに亀(かめ)、玉、剣、花、達磨(だるま)などがあり、流行とともに新しく創案されたりもした。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鷽替えの言及

【噓】より

…うそは現実に存在しないものに対応し,それに形を与えるものといえ,年の替り目に当たって新旧二つの時間を媒介し,新しい時間をこの世にもたらすものと考えられる。このことは,正月に天満宮で行われる〈鷽(うそ)替え〉にもあてはまる。鷽を交換することで1年間の不幸をうそとして払ってしまうともいい,それによって新しい年や幸運を迎えるのである。…

※「鷽替え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷽替えの関連情報