コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀戸天神社 カメイドテンジンシャ

3件 の用語解説(亀戸天神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめいど‐てんじんしゃ〔かめゐど‐〕【亀戸天神社】

亀戸にある神社。祭神は菅原道真で、相殿に天穂日命(あめのほひのみこと)を祭る。寛文3年(1663)大鳥居信祐(おおとりいしんゆう)が筑前の太宰府より勧請。1月25日の鷽替(うそか)え神事は著名。東宰府天満宮。亀戸天満宮。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

亀戸(かめいど)天神社

東京都江東区にある神社。1662年創祀。祭神は天満大神(菅原道真公)、天菩日命(あめのほひのみこと)。藤の花の名所。「亀戸天神」「亀戸天満宮」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀戸天神社
かめいどてんじんしゃ

東京都江東(こうとう)区亀戸に鎮座。菅原道真(すがわらのみちざね)を祀(まつ)る。東宰府天満宮(ひがしさいふてんまんぐう)、亀戸天満宮ともいう。1663年(寛文3)8月25日、大鳥居信祐(おおとりいしんゆう)が太宰府(だざいふ)天満宮を分祠(ぶんし)したのに始まり、翌1664年、太宰府天満宮に倣って社殿を造営した。その後、朝廷の崇敬が厚く、伝後水尾(ごみずのお)上皇宸筆(しんぴつ)の天神神号や霊元(れいげん)天皇宸筆の天神神詠などが社蔵されている。1677年(延宝5)には将軍徳川家綱(いえつな)が社参。1873年(明治6)府社に列して亀戸神社と号し、1878年に正式の社号として亀戸天神社と改めた。「亀戸の天神さま」とよばれ、学問の神として古くから江戸庶民の信仰を集めた。現在も1月25日の初天神祭には受験祈願でにぎわう。例祭は9月25日。1月24、25日の「鷽替(うそか)え神事」は有名。また境内の藤(ふじ)棚もよく知られる。[三橋 健]
『竹内秀雄著『亀戸天満宮史料集』(1977・亀戸天神社事務局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀戸天神社の関連キーワード浅間神社安房神社吉備津神社白鬚神社住吉神社松陰神社荏柄天神社黄金山神社都都古別神社湯島神社

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀戸天神社の関連情報