亀戸天神社(読み)かめいどてんじんしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「亀戸天神社」の解説

亀戸天神社
かめいどてんじんしゃ

東京都江東(こうとう)区亀戸に鎮座。菅原道真(すがわらのみちざね)を祀(まつ)る。東宰府天満宮(ひがしさいふてんまんぐう)、亀戸天満宮ともいう。1663年(寛文3)8月25日、大鳥居信祐(おおとりいしんゆう)が太宰府(だざいふ)天満宮を分祠(ぶんし)したのに始まり、翌1664年、太宰府天満宮に倣って社殿を造営した。その後、朝廷の崇敬が厚く、伝後水尾(ごみずのお)上皇宸筆(しんぴつ)の天神神号や霊元(れいげん)天皇宸筆の天神神詠などが社蔵されている。1677年(延宝5)には将軍徳川家綱(いえつな)が社参。1873年(明治6)府社に列して亀戸神社と号し、1878年に正式の社号として亀戸天神社と改めた。「亀戸の天神さま」とよばれ、学問の神として古くから江戸庶民の信仰を集めた。現在も1月25日の初天神祭には受験祈願でにぎわう。例祭は9月25日。1月24、25日の「鷽替(うそか)え神事」は有名。また境内の藤(ふじ)棚もよく知られる。

[三橋 健]

『竹内秀雄著『亀戸天満宮史料集』(1977・亀戸天神社事務局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「亀戸天神社」の解説

かめいど‐てんじんしゃ〔かめゐど‐〕【亀戸天神社】

亀戸にある神社祭神菅原道真で、相殿天穂日命(あめのほひのみこと)を祭る。寛文3年(1663)大鳥居信祐(おおとりいしんゆう)が筑前太宰府より勧請。1月25日の鷽替(うそか)え神事は著名。東宰府天満宮。亀戸天満宮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「亀戸天神社」の解説

亀戸(かめいど)天神社

東京都江東区にある神社。祭神は天満大神(菅原道真公)、天菩日命(あめのほひのみこと)。1662年に幕府から社地の寄進を受け、翌年太宰府天満宮を分祠したのが起源。梅・藤・など花の名所。「亀戸天神」「亀戸天満宮」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android