コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿瀬[町] かのせ

2件 の用語解説(鹿瀬[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鹿瀬[町]【かのせ】

新潟県東蒲原(ひがしかんばら)郡,阿賀野川中流域の旧町。河谷にあり磐越西(ばんえつさい)線が通じる主集落の鹿瀬は昭和初期のダム建設後水力利用の化学肥料工場(昭和電工,現在の鹿瀬電工)が立地して発展したが,1965年には工場排水による阿賀野川水銀中毒事件が発生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのせ【鹿瀬[町]】

新潟県中東部,東蒲原郡の町。人口3079(1995)。東は福島県に接する。南部を阿賀野川が西流し,北東部には飯豊連峰があり,町域の95%を山林が占める。近世は会津藩領で,廃藩置県後は若松県に属したが,1886年新潟県に編入。現在も会津盆地とのつながりが深い。1929年阿賀野川上流に豊実・鹿瀬両ダムが建設され,この電力と付近から産する石灰石を利用して化学肥料を生産する昭和電工鹿瀬工場(現,鹿瀬電工)が立地し,隆盛をみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone