コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿瀬 かのせ

2件 の用語解説(鹿瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿瀬
かのせ

新潟県北東部,阿賀野川流域にある阿賀町北東部の旧町域。福島県に接する。 1955年両鹿瀬村,日出谷村,豊実村の3村が合体,鹿実谷村となり,1956年改称して町制。 2005年津川町,上川村,三川村と合体して阿賀町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿瀬
かのせ

新潟県北東県境、東蒲原(ひがしかんばら)郡にあった旧町名(鹿瀬町(まち))。現在は東蒲原郡阿賀(あが)町の東部を占める地域。阿賀野(あがの)川の両岸に分布した両鹿瀬、日出谷(ひでや)、豊実(とよみ)の3か村が1955年(昭和30)合併して鹿実谷(かみたに)村と改称、1956年町制施行し、郷名をとって鹿瀬町となる。2005年(平成17)東蒲原郡津川(つがわ)町、上川(かみかわ)村、三川(みかわ)村と合併し、阿賀町となる。阿賀野川上流峡谷と支流実川(さねかわ)流域を主とする山村で、JR磐越(ばんえつ)西線と国道459号が通ずる。旧町域は近世は会津領であったので、会津の風習が強く残る。1929年(昭和4)峡谷部に豊実、鹿瀬の両ダムが建設され、昭和電工の化学肥料工場が誘致され、一躍化学工業都市に発展したが、いわゆる「新潟水俣(みなまた)病」の発生問題で工場は縮小された。阿賀野川ラインの景勝地や麒麟(きりん)山、角神(つのがみ)両温泉や、国指定重要文化財の護徳(ごとく)寺観音堂がある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿瀬の関連キーワード新潟県東蒲原郡阿賀町石間新潟県阿賀野市沖上川〈村〉新潟県阿賀野市久保新潟県阿賀野市小島新潟県阿賀野市里津川〈町〉新潟県阿賀野市畑江三川〈村〉新潟県阿賀野市保田

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿瀬の関連情報