鹿瀬(読み)かのせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿瀬
かのせ

新潟県北東部,阿賀野川流域にある阿賀町北東部の旧町域。福島県に接する。 1955年両鹿瀬村,日出谷村,豊実村の3村が合体,鹿実谷村となり,1956年改称して町制。 2005年津川町,上川村,三川村と合体して阿賀町となった。近世は会津領,1886年新潟県に入る。 1928年鹿瀬,翌年豊実の発電所が設立され,阿賀野川沿岸に昭和電工の化学工場が建設されたが,1960年代に入って新潟水俣病の発生源として問題となった。角神温泉,麒麟山温泉などの温泉があり,一部は磐梯朝日国立公園阿賀野川ライン県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿瀬
かのせ

新潟県北東県境、東蒲原郡(ひがしかんばらぐん)にあった旧町名(鹿瀬町(まち))。現在は東蒲原郡阿賀(あが)町の東部を占める地域。阿賀野川(あがのがわ)の両岸に分布した両鹿瀬、日出谷(ひでや)、豊実(とよみ)の3か村が1955年(昭和30)合併して鹿実谷(かみたに)村と改称、1956年町制施行し、郷名をとって鹿瀬町となる。2005年(平成17)東蒲原郡津川(つがわ)町、上川(かみかわ)村、三川(みかわ)村と合併し、阿賀町となる。阿賀野川上流峡谷と支流実川(さねかわ)流域を主とする山村で、JR磐越西線(ばんえつさいせん)と国道459号が通ずる。旧町域は近世は会津領であったので、会津の風習が強く残る。1929年(昭和4)峡谷部に豊実、鹿瀬の両ダムが建設され、昭和電工の化学肥料工場が誘致され、一躍化学工業都市に発展したが、いわゆる「新潟水俣(みなまた)病」の発生問題で工場は縮小された。阿賀野川ラインの景勝地や麒麟(きりん)山、角神(つのがみ)両温泉や、国指定重要文化財の護徳寺観音堂(ごとくじかんのんどう)がある。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿瀬の関連情報