コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢琴古(初代) くろさわ きんこ

2件 の用語解説(黒沢琴古(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢琴古(初代) くろさわ-きんこ

1710-1771 江戸時代中期の尺八奏者。
宝永7年生まれ。琴古流の創始者。もと筑前(ちくぜん)福岡藩士。浪人し,虚無僧(こむそう)となって各地を遊歴。普化(ふけ)宗の両本寺,下総(しもうさ)小金(千葉県)の一月(いちげつ)寺,武蔵(むさし)青梅(おうめ)(東京都)の鈴法寺の吹合(ふきあわせ)となり,尺八の指導にあたる。諸国の尺八曲を収集整理し,楽器の改良にもつくした。明和8年4月23日死去。62歳。名は幸八。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒沢琴古(初代)

没年:明和8.4.23(1771.6.5)
生年:宝永7(1710)
江戸中期の尺八琴古流の流祖。本名幸八。黒田美濃守の家臣であったという。詳しい経歴は不明。若くして普化宗に入り,江戸にあっては尺八の名手として,普化宗両本寺(一月寺,鈴法寺)の 吹合(尺八指南役)を務めた。自身による曲の案出のほか,それまで虚無僧などによって伝えられていた多くの尺八曲を収集整理し,30曲余りを流曲として制定,琴古流の基礎を築いた。尺八の製管もよくし,現在残るその作品数管は音楽学の史料としても貴重。弟子には,一閑流を唱えた宮地一閑などがいる。<参考文献>栗原広太『尺八史考』(復刻,1975)

(瀬山徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒沢琴古(初代)の関連キーワード琴古流荒木古童黒沢琴古青木鈴慕(初代)黒沢琴古(2代)黒沢琴古(3代)黒沢琴古(4代)神如道宮地一閑山口四郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone