コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ATM えーてぃーえむ

13件 の用語解説(ATMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ATM

Asynchronous Transfer Modeの略。「セル」と呼ばれる固定長(53バイト)のフレームを転送する通信方式。「非同期転送モード」と訳される。電話網やISDN網など、一般的な回線交換で採用されている同期転送モードSTM)と異なり、ATMでは転送するデータがあるときだけセルを送信するので「非同期」と呼ばれる。もともとはデータ、音声、動画などのさまざまな情報を1つのネットワークで扱えるようにするために開発されたWAN向けの通信技術で、ITU-TやATM Forumで開発・標準化が行なわれた。NTTの「スーパーリレーCR」などのWANサービスとして使用されている。画面表示用ソフトウェアAdobe Type Manager非同期転送モードマルチメディアデータのデータを転送するための非同期転送技術。データを53バイトずつのセルに区切って転送する。それぞれのセルには、5バイトのヘッダーが含まれる。ATM交換システム自動現金預払機自動現金預払機。現金の預け入れ引き出しができる端末。振り込みや通帳への記帳などができるATMもある。銀行や郵便局、最近では証券会社コンビニなどにも設置されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エー‐ティー‐エム【ATM】[automatic teller machine]

automatic teller machine》現金自動預け払い機。預金通帳キャッシュカードを用いて預け入れ・引き出し・振り込み・残高照会などを行うことができる。

エー‐ティー‐エム【ATM】[antitank missile]

antitank missile対戦車ミサイル。戦車を攻撃する誘導弾。

エー‐ティー‐エム【ATM】[asynchronous transfer mode]

asynchronous transfer mode》⇒非同期転送モード

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ATM【エーティーエム】

(1)asynchronous transfer modeの略。高速通信デジタルネットワークに欠くことのできない伝送・交換技術の非同期転送モード。具体的にはデジタルネットワークの中核となる交換機をも意味する。
→関連項目預金者保護法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

DBM用語辞典の解説

エー・ティ・エム【ATM Asynchronous Transfer Mode】

非同期転送モード。光ファイバーケーブルを利用した広域帯ISDN(B−ISDN)に対応し、高速データ伝送を実現する伝送方式のひとつ。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ATM

〖anti-tank missile〗
対戦車ミサイル。

ATM

〖asynchronous transfer mode〗

ATM

〖automated-teller machine〗
カード・通帳を用いて、現金の払い出し・預け入れ、また振り込みなどを行う装置。現金自動預け入れ払い機。

atm

〖standard atmosphere〗
標準大気圧。圧力の単位。1atm は 1013.25 ヘクトパスカル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ATM
エーティーエム
anti-tank missile

対戦車ミサイル,対戦車ロケットとも呼ばれる。戦車を破壊するためにつくられたミサイル。重,軽の2種に大別され,前者は航空機ヘリコプタ,車両,戦車から発射され,後者は個人で携行,発射が可能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ATM
えーてぃーえむ

現金自動預入支払機」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ATM
えーてぃーえむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のATMの言及

【銀行】より

…今やコンピューターとデータ通信が銀行と企業,銀行と家庭をつなぎ,決済が行われるエレクトロニック・バンキングの時代に入ろうとしている。 銀行の店頭には,現在,現金自動支払機(キャッシュ・ディスペンサーcash dispenser,CD),現金自動預金機automatic depositer(AD),現金自動預入支払機automatic teller machine(ATM)等が普及している。1969年に,一部都銀で導入されたオフラインの現金自動支払機は,その後オンライン化され,79年に登場した現金自動預入支払機と合わせると,すでに都市銀行はほぼ全店舗に設置されている。…

【コンピューターネットワーク】より

…前者の代表的なものとして,イーサネット,トークンリング,FDDI(Fiber Distributed Data Interface)などがある。後者の代表的なものとして,専用線,ISDN(Integrated Services Digital Network:サービス総合ディジタル網),ATM(Asynchronous Transfer Mode:非同期転送モード)網,フレームリレーなどがある。LANは,銅線や光ファイバーなどの一つの伝送媒体を多数のコンピューターで共有する多重アクセス方式のものが多い。…

※「ATM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ATMの関連キーワード非同期転送モードAジャックスブイオーエーティーエム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ATMの関連情報