H氏賞(読み)エッチシショウ

デジタル大辞泉の解説

エッチし‐しょう〔‐シヤウ〕【H氏賞】

《「H」は基金の提供者平沢貞二郎頭文字から》日本現代詩人会がすぐれた詩集を発表した新人に贈る賞。昭和26年(1951)に創設。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

H氏賞
えいちししょう

1951年(昭和26)H氏(のち詩人平沢貞二郎と発表)の寄託金によって現代詩人会(現在、日本現代詩人会)に設けられた賞。その年度のもっとも優れた新人の詩集に与えられる。第1回は殿内芳樹(とのうちよしき)の『断層』に与えられ、その後、黒田三郎『ひとりの女に』(1955年度)、富岡多恵子『返礼』(1958年度)、吉岡実(みのる)『僧侶(そうりょ)』(1959年度)、60年代には黒田喜夫(きお)『不安と遊撃』(1960年度)、高良留美子(こうらるみこ)『場所』(1963年度)、石原吉郎(よしろう)『サンチョ・パンサの帰郷』(1964年度)、入沢康夫(やすお)『季節についての試論』(1966年度)、三木卓『東京午前三時』(1967年度)、鈴木志郎康(しろやす)『罐製同棲(かんせいどうせい)又は陥穽(かんせい)への逃走』(1968年度)、石垣りん『表札など』(1969年度)などの詩集が受賞している。70年代には白石かずこ『聖なる淫者(いんじゃ)の季節』(1971年度)、粒来哲蔵(つぶらいてつぞう)『孤島記』(1972年度)、郷原宏『カナンまで』(1974年度)、清水哲男『水甕座(みずがめざ)の水』(1975年度)、荒川洋治『水駅(すいえき)』(1976年度)などが受賞している。80年代には小松弘愛(ひろよし)『狂泉物語』、ねじめ正一『ふ』(ともに1981年度)、井坂洋子『GIGI』(1983年度)、鈴木ユリイカ『MOBILE・愛』(1986年度)、90年代には高階杞一(たかしなきいち)『キリンの洗濯』(1990年度)、杉谷昭人(あきと)『人間の生活』(1991年度)、本多寿(ほんだひさし)『果樹園』(1992年度)、貞久秀紀(さだひさひでみち)『空気集め』(1998年度)が受賞。その後2001年度には森哲弥『幻想思考理科室』が受賞している。[飛高隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

H氏賞の関連情報