コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HEIB ヒーブHEIB

デジタル大辞泉の解説

ヒーブ【HEIB】[home economists in business]

home economists in business企業内で働く家政学科出身の専門家。家政学の知識をもとに消費者の視点から製品開発や公告に関与したり、消費者対策を担当したりする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

流通用語辞典の解説

HEIB【Home Economist In Business】

家政学を専攻し、4年制大学を卒業したかまたはそれと同等以上の資格を有し、企業内でその専門知識を活かして働いている者をいう。その任務は消費者へのアドバイスや教育、コミュニケーション、消費者行動の分析、消費者の声を企業活動に反映させることなど多方面にわたり、企業と消費者の間のパイプ役を果たすことにある。組織的には社長と直結する。米国ではすでに長い歴史をもっているが、わが国では導入している企業は少ない。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒーブ【HEIB】

home economists in businessの略。企業に働く家政学士の意味。ヒーブ発祥の国アメリカに即していえば,アメリカ家政学会American Home Economics Associationの正会員で,企業および事業者団体等に所属する,家政学専攻の学士以上の学位を有する人をいう。同学会のヒーブ部会は1923年12月に設立された。ヒーブは消費者関連部門だけでなく企業の広い分野で活躍しており,ヒーブ=消費者問題専門家とはいえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

HEIBの関連キーワードニジェール・コルドファン語族コルコヴァダイトダッフ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android