コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TBTO ティービーティーオーtributyltin oxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

TBTO
ティービーティーオー
tributyltin oxide

トリブチルスズオキサイドの略称。主に船舶の船底塗料漁網の中に防生物付着剤として添加されていたものである。船が湾内に停泊している間などに,船底にフジツボ等の生物が付着する。その結果,船の走行時に水に対する抵抗が増し,燃料効率が下がるためにそれを防止する目的で添加されていた。特に動物の神経中枢等を侵すことが報告され,さらに水環境での生物濃縮による魚介類の汚染が世界各地で報告され,その使用は一部禁止されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ティー‐ビー‐ティー‐オー【TBTO】[tributyl tin oxide]

tributyl tin oxide》有機錫(すず)化合物の一。毒性が強く、ハマチ・タイ養殖の魚網防汚剤などに使われ、海藻や貝の付着防止に効力を発揮するが、魚介類の汚染が問題になり、1987年、全面使用禁止となった。トリブチルチンオキサイド。酸化トリブチル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

農林水産関係用語集の解説

TBTO

ビス(トリブチルスズ)=オキシドの略称。各種の水生生物の付着を効果的に防止するために船底塗料や漁網防汚剤として使用されていた有機スズ化合物の一種。化審法に基づき、平成元年に第一種特定化学物質に指定された。第一種特定化学物質とは、難分解性(自然的作用による化学変化を生じにくい)、高蓄積性(生物の体内に蓄積されやすい)で長期毒性(継続的に摂取される場合には、ヒトの健康を損なうおそれがある)を有する化学物質として指定されたもので、製造・輸入の許可制(原則禁止)、使用制限及び届出制(原則禁止)の対象。

出典|農林水産省農林水産関係用語集について | 情報

TBTOの関連キーワード包括的核実験禁止条約機関包括的核実験禁止条約TBTO化合物汚染国際査察制度CTBTOCTBT漁場汚染

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android