コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワークシェアリング work-sharing

デジタル大辞泉の解説

ワーク‐シェアリング(work-sharing)

《「ワークシュアリング」とも》労働時間の短縮などにより、より多くの人で仕事の総量を分け合うこと。主に、雇用の維持・創出を目的として行われる。→ジョブシェアリング
[補説]目的によって以下のように分類される。
雇用創出型:失業者を減らすために労働時間を短縮し、多くの労働者のために雇用機会を作る。
雇用維持型:従業員一人あたりの労働時間を短縮し、社内で仕事を分け合って、一時的な景気悪化や中高年層の雇用確保に対応する。
多様就業対応型正社員の勤務時間や勤務形態を多様化し、女性や高齢者など、さまざまな就労条件に対応した雇用機会を作る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ワークシェアリングの関連キーワード全米臓器配分ネットワークワークシェアリングUNOS失業者補説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワークシェアリングの関連情報