コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「目には目を、歯には歯を」 メニハメヲ、ハニハハヲ

とっさの日本語便利帳の解説

「目には目を、歯には歯を」

古代バビロニア王国第一王朝、第六代王ハムラビが制定した「ハムラビ法典」の基本精神である同害復讐法の原則を具体的に表現したもの。厳主義、階級差別的量刑などの要素が顕著だが、私的・集団的報復に対する歯止めとしての機能も持つ。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

「目には目を、歯には歯を」の関連キーワードハンムラピ法典目・眼タリオ

「目には目を、歯には歯を」の関連情報