『蜻蛉日記』(読み)カゲロウニッキ

とっさの日本語便利帳の解説

『蜻蛉日記』

右大将道綱(うだいしょうみちつな)の母作。天暦八(九五四)年から天延二(九七四)年までの結婚生活を回顧。妻として直面する苦悩を通して、人生を見据える確かな眼差しを獲得し、夫への執着から解放され、母性愛に目覚めるまでを身辺雑記的に綴る。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android