あくび(欠伸)(読み)あくび(英語表記)yawning

翻訳|yawning

世界大百科事典 第2版「あくび(欠伸)」の解説

あくび【あくび(欠伸) yawning】

あくびは,口を大きく開いて,長く,深い吸(息を吸い込む動作)とこれに続いて起こるゆっくりとした呼息(息を吐き出す動作)とからなる特有な呼吸動作をさす。通常,あくびの持続時間は5~10秒で,吸息の時期が長い。あくびに伴って全身伸筋収縮が同時に起こり,とくに上肢下肢軀幹後方へ伸ばす動作を伴う。新生児では頻繁に起こる。あくびは,ヒトだけでなく種々の動物でもみられ,実験的にはの特定部位(内包)への電気刺激によって起こすことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android