コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あくび(欠伸) あくび yawning

翻訳|yawning

1件 の用語解説(あくび(欠伸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あくび【あくび(欠伸) yawning】

あくびは,口を大きく開いて,長く,深い吸息(息を吸い込む動作)とこれに続いて起こるゆっくりとした呼息(息を吐き出す動作)とからなる特有な呼吸動作をさす。通常,あくびの持続時間は5~10秒で,吸息の時期が長い。あくびに伴って全身の伸筋の収縮が同時に起こり,とくに上肢や下肢,軀幹を後方へ伸ばす動作を伴う。新生児では頻繁に起こる。あくびは,ヒトだけでなく種々の動物でもみられ,実験的には脳の特定部位(内包)への電気刺激によって起こすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

あくび(欠伸)の関連キーワードあんぐりあんごり大きな口をきく飛出ぱくり瞻る欠伸ぱくつ・く見張る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone