コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あぐら(座法) あぐら

世界大百科事典内のあぐら(座法)の言及

【筋肉】より

…したがって起始から停止までの間に,股関節と膝関節の二つの関節を越えるが,そのとき股関節の前面を通り,膝関節の後内側を通るから,その収縮によって股関節と膝関節を曲げ,同時に下腿を内転する。すなわち,この筋肉の収縮によって〈あぐら〉をかく姿勢となる。昔の洋服屋が仕立物をするときに,あぐらをかいて仕事をしたというが,そのときに縫工筋が働くということからその名がある。…

【ひざ(膝)】より

…日本の莫連(あばずれ女)の座り方である。日本の男子の用いる胡坐(あぐら)はもと高貴な人の座位で,胡床と呼ぶ床几(しようぎ)に“足組(あぐ)み”して座ったことに由来する。柿本人麻呂が歌を詠む際にとった歌膝は一側が胡坐で他側は立膝の姿勢だった。…

※「あぐら(座法)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone