コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えびの[市] えびの

世界大百科事典 第2版の解説

えびの[市]

宮崎県南西部にある市。1966年に飯野,加久藤,真幸(まさき)の3町が合体してえびの町となり,70年に市制。人口2万5872(1995)。市域の中心を東西約20km,南北約5kmの細長い形の加久藤盆地(真幸盆地ともいう)が占め,盆地内を川内(せんだい)川が西流する。同市飯野地区の木崎原は中世の日向において,伊東氏と島津氏が決戦した古戦場で,この戦い以後伊東氏は衰退,島津氏は日向支配のきっかけをつかんだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

えびの[市]の関連キーワードえびの高原川内川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android