コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おます おます

大辞林 第三版の解説

おます

〔「おまらす」の転〕
( 動四 )
人に物を与えるの意の謙譲語。差し上げる。 「長右衛門もひだるかろ、お絹、早う飯を-・しや/浄瑠璃・桂川」
(補助動詞) 動詞の連用形に「て(で)」を添えたものに付いて、他人のためにしてあげる意の謙譲語として用いられる。…してさし上げる。 「其の儀ならば手を取つて-・さう/狂言・不聞座頭 虎寛本
( 動下二 )
に同じ。 「なにがな-・せうやれ/狂言・入間川」
(補助動詞)
に同じ。 「工みを隠して-・するが/浄瑠璃・大内裏大友真鳥」

おます

( 動サ特活 )
ある、いる、の意の丁寧語。ございます。あります。 「おつれでも-・すかいな/滑稽本・膝栗毛 5
(補助動詞) 形容詞の連用形、助動詞「で」などに付いて、丁寧の意を表す。…(で)ございます。 「そりやおうれしう-・すわいな/滑稽本・膝栗毛 8」 〔 (1) もと、近世、大坂新町の遊女言葉。文政(1818~1830)以降、一般女性語となり、さらに男性も用いるようになった。現在は関西地方などで用いられる。 (2) 打ち消しの形「おません」は、文政以降「おまへん」となった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おますの関連キーワード鍋島直知補助動詞すっかり松平直春おまへん鍋島直尭堀直輝滑稽本須坂藩犬伏たら解状

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android