コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しくじる しくじる

大辞林 第三版の解説

しくじる

( 動五[四] )
失敗する。やりそこなう。 「今度は-・るなよ」
過失などによって、地位や職などを失う。 「私もそれが知れれば-・つて此家ここには居られないから/真景累ヶ淵 円朝
人の機嫌をそこねる。 「些ちよつとした女の言草に、自分の気持を-・ると/黴 秋声

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しくじるの関連キーワード佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質仕損なう・為損なう取り外す・取外す毛氈をかぶるうっかりミスだりむくる真景累ヶ淵毛氈を被る石車に乗る被る・冠るしくじり被り・冠一か八か為惚ける取損なう間違えるフェイル為呆ける

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しくじるの関連情報