コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誤る/謬る アヤマル

デジタル大辞泉の解説

あやま・る【誤る/×謬る】

[動ラ五(四)]
やりそこなう。失敗する。「機械の操作を―・る」
まちがった判断や予測をする。思いちがいをする。「進むべき道を―・る」
正しくない方向に導く。「後人を―・るような言動」
道理や正しい判断からはずれる。当を得ない。まちがう。「―・った認識」「―・れる優越感」
約束を破る。
「契れること―・れる人に」〈伊勢・一二二〉
正気でなくなる。心が乱れる。
「心弱からむ人は、―・りぬべき心地して胸走る」〈栄花・初花〉
間違える用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

誤る/謬るの関連キーワード書き間違える・書間違える行き違える・行違える木に縁りて魚を求む達人は大観すミスキャスト地獄は壁一重ミスジャッジ眼鏡が狂う気違い茄子三五の十八芸は身の仇状況判断書損ずる魔が差す聞損なう変換ミス心地違う有意水準書損なう見当違い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android