コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜かる ヌカル

デジタル大辞泉の解説

ぬか・る【抜かる】

[動ラ五(四)]
油断して、失敗する。「敵は手強いぞ、―・るなよ」
ぐずぐずして時機を失する。また、だらしなくなる。
「航海士は―・らず…と言ったので」〈独歩別天地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬかる【抜かる】

( 動五[四] )
油断したり、思慮が足りなかったりして失敗する。 「さあ-・るなよ」 「ざれ事とは-・つた事を言ふ/狂言・昆布売」 「女色には-・らしやまして、尼将軍の婬乱に世はみだれたのみならず/胆大小心録」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抜かるの関連キーワード時機閻羅思慮

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android