コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過つ/誤つ アヤマツ

2件 の用語解説(過つ/誤つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あやま・つ【過つ/誤つ】

[動タ五(四)]
やりそこなう。しくじる。「ねらいを―・たず射る」
(「あやまって」の形で)うっかりしてよくないことをしでかす。過失を犯す。「―・って相手にけがを負わせた」
悪事を働く。罪を犯す。
「重く―・ちたる者の」〈今鏡・二〉
見まちがえる。取りちがえる。
「み吉野の山べに咲ける桜花雪かとのみぞ―・たれける」〈古今・春上〉
だめにする。そこなう。
㋐健康を害する。
「瘟病(をんびゃう)は人を―・つ物と聞こゆるから」〈読・雨月・菊花の約〉
㋑殺傷する。
「このたび我は―・たれなんとする」〈今昔・二三・一五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あやまつ【過つ】

( 動五[四] )
間違える。失敗する。 「 - ・たず命中させた」 「我、-・てり」
してはならないことをする。
道義や法に背く行為をする。 「(仏ノ戒ヲ)いかで-・たじと慎みて/源氏 夢浮橋」 「帝の御めをも-・つたぐひ昔もありけれど/源氏 若菜下
人を殺す。 「ちかづきけれども-・つべき気しきもなくて/平家 10
身体や器物をそこなう。また、身を破滅させる。 「身を-・つことは、若き時のしわざなり/徒然 172

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過つ/誤つの関連キーワード女賢しくて牛売り損なう蹴躓く遣り損ない遣り損なう遣り損ずるくたばり損ないしくじ・る失策取損なう乗損なう

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone