コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過つ/誤つ アヤマツ

デジタル大辞泉の解説

あやま・つ【過つ/誤つ】

[動タ五(四)]
やりそこなう。しくじる。「ねらいを―・たず射る」
(「あやまって」の形で)うっかりしてよくないことをしでかす。過失を犯す。「―・って相手にけがを負わせた」
悪事を働く。罪を犯す。
「重く―・ちたる者の」〈今鏡・二〉
見まちがえる。取りちがえる。
「み吉野の山べに咲ける桜花雪かとのみぞ―・たれける」〈古今・春上〉
だめにする。そこなう。
㋐健康を害する。
「瘟病(をんびゃう)は人を―・つ物と聞こゆるから」〈読・雨月・菊花の約〉
㋑殺傷する。
「このたび我は―・たれなんとする」〈今昔・二三・一五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやまつ【過つ】

( 動五[四] )
間違える。失敗する。 「 - ・たず命中させた」 「我、-・てり」
してはならないことをする。
道義や法に背く行為をする。 「(仏ノ戒ヲ)いかで-・たじと慎みて/源氏 夢浮橋」 「帝の御めをも-・つたぐひ昔もありけれど/源氏 若菜下
人を殺す。 「ちかづきけれども-・つべき気しきもなくて/平家 10
身体や器物をそこなう。また、身を破滅させる。 「身を-・つことは、若き時のしわざなり/徒然 172

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

過つ/誤つの関連キーワード過ちを文る飾る小人瘟病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android