すんすん(読み)スンスン

デジタル大辞泉の解説

すん‐すん

[副]
物事が滞りなく進むさま。ずんずん。
「桜―伸びゆけり」〈犀星・桜と雲雀〉
そっけないさま。つんつん。
「賢女立てして―とすげなき御身が心を表し」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すんすん

( 副 )
動作がすみやかに行われるさま。どんどん。 「 -とのびる」
愛想のないさま。つんつん。 「賢女立てして-とすげなき御身が心を表し/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android