コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見る見る ミルミル

デジタル大辞泉の解説

みる‐みる【見る見る】

[副]見ているうちに、ある事が急激に進行するさま。たちまち。見る間に。「火の手が見る見るうちに一面に広がる」「見る見る気温が上がっていく」
[連語]《動詞「みる」を重ねた語》(副詞的に用いて)見ているうちに。見ながらも。
「年ごろ行くかたもなしと―、かく言ふよ」〈堤・はいずみ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みるみる【見る見る】

( 副 )
〔動詞「見る」を重ねた語〕
見ている短い時間にその状況が変化するさま。たちまち。 「 -うちにたいらげる」 「 -火が燃え広がる」
見ながら。 「むなしき御からを-、なほおはするものと思ふが、いとかひなければ/源氏 桐壺

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見る見るの関連情報