コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とんとん トントン

デジタル大辞泉の解説

とん‐とん

[副]
物を続けざまに軽くたたく音を表す語。「ドアをとんとん(と)ノックする」「はしご段をとんとん(と)上る」
物事がとどこおることなく進むさま。「縁談がとんとん(と)まとまる」
[形動]ふたつのものがほとんど同じで差がないさま。また、損得のないさま。「実力はとんとんだ」「収支がとんとんになる」
[アクセント]ントン、はトントン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とんとん

[1] ( 副 )
軽い音が連続するさまを表す語。物をたたく音、階段などを昇降する音などにいう。 「肩を-(と)たたく」 「階段を-(と)のぼる」
物事が思いのほか順調に運ぶさま。 「話が-(と)進む」 「 -(と)解決する」
[0][3] ( 形動 )
二つのものがだいたい同じで差のないこと。特に、損得がほぼ同じであること。また、そのさま。 「差引き-になる」 「ほぼ-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とんとんの関連キーワード落語の「落ち」の種類踏み込み・踏込みどっこいどっこい鼕鼕・鏜鏜・鞺鞳わ鐵のわっしーとんとん拍子兎の登り坂アクセント渾渾・混混田中美津権兵衛狸とうとう踏込み縁談運ぶ拍子渾渾

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とんとんの関連情報