めきめき(読み)メキメキ

デジタル大辞泉の解説

めき‐めき

[副]
目に見えて、進歩・発展するさま。「めきめき(と)腕をあげる」
物がこわれたり、きしんだりする音を表す語。めりめり。「床がめきめき(と)鳴る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めきめき

進歩・発展などが目だってはやいさま。 -(と)上達する
木・骨などが割れたりきしんだりする音を表す語。 大楠は、こらへかねて-と裂けつ/自然と人生 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めき‐めき

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物がこわれたり、きしんだりする音を表わす語。めりめり
※日葡辞書(1603‐04)「Meqimeqi(メキメキ)〈訳〉副詞。家などが地震で音をたてるさま」
※俳諧・犬子集(1633)六「めきめきと落葉は何をかみな月〈貞徳〉」
② きわだって事態が変化したり、目立ってその状態になったりするさまを表わす語。また、目に見えて成長・進歩・発展するさまを表わす語。めっきり。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「あっと云へば千人も万人もめきめきとにげくづるるぞ」
※薔薇くひ姫(1976)〈森茉莉〉「めきめき快方に向った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めきめきの関連情報