コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねぶた祭 ねぶたまつり

知恵蔵の解説

ねぶた祭

毎年8月2日から7日までの6日間、青森市内の目抜き通りで行われる夏祭り。「ねぶた」と言われる大型の張りぼて人形を乗せた山車と、その周りで踊る「はねと」の大集団が有名である。仙台の七夕まつり、秋田の竿灯(かんとう)まつりと並んで東北三大祭と言われているが、観客数は6日間でのべ319万人と、最多である(2008年)。8月2日と3日の夜は、子どもねぶた約15台と大型ねぶた約15台が運行。4日から6日までの夜は、大型ねぶた約20台が運行し、6日には「ねぶた大賞」などの各賞が発表される。最終日の7日の昼には大型ねぶた約20台が運行し、夜は受賞したねぶた7台が青森港を運行する。
ねぶたの人形は、水滸伝(すいこでん)・三国志や、日本の歌舞伎・神話などに題材を採る。大きさは、台車(高さ約2m)も含めて幅9m・奥行き7m・高さ5mで、数十人掛かりで引く。「はねと」は、浴衣姿で頭には花笠、肩にはたすき、浴衣の下はピンクか青のおこし、腰にはブリキでできた器ガガシコを付け、白足袋に草履を履けば、誰でも参加できる。この衣装で山車の周りを「ラッセーラ、ラッセーラ、ラッセラッセラッセラー」と叫びながら、ぴょんぴょんと跳ねる。
ねぶた祭の起源は、旧暦7月7日に行われた七夕の灯籠(とうろう)流しと言われ、ねぶた(=睡魔)という穢(けが)れを飾り物と一緒に海や川に流す行事だった。平安時代初めの坂上田村麻呂の蝦夷(えぞ)征討に結びつける起源説は、田村麻呂が青森まで侵出していないことからも根拠の無い伝説であろう。天明8年(1788)の『奥民図彙』にある「子ムタ祭之図」には、10人前後に担がれた灯籠が描かれているが、それらはほとんど角型で、「七夕祭」「織姫祭」などの文字が書かれているだけである。この角型灯籠が、文政年間(1818~29)から幕末にかけて「人形ねぶた」となり、明治に入ると、高さ20mを超える大型ねぶたも登場した。太平洋戦争後、電線や歩道橋のために高さが5mに制限されると、北川金三郎(1880~1960年)は、リアルで迫力のある組人形を制作するようになり、名人と呼ばれた。1958(昭和33)年から、「青森ねぶた祭」として各賞の審査が始まり、企業が中心となるとともに、観光行事として注目されて現在に至る。青森市以外にも、絵が描かれた扇形ねぶたが中心の弘前市のほか、黒石市、大湊市、五所川原市などに特徴のある「ねぶた祭」がある。なお、青森市では「ねぶた」と濁音で発音するが、弘前市では「ねぷた」と半濁音である。

(秋津あらた ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ねぶた祭の関連キーワード青森ねぶた殺人事件日本のおもな美術館跳神ラッセイバーねぶたハネト人形仙台七夕まつり秋田竿燈まつり青森花火大会青森県青森市青森(市)ねぶた師秋田市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねぶた祭の関連情報